バックアップのの方法について

  • バックアップの癖をつけたい

    • 私たちはパソコンを使って仕事をすることが多くなっています。


      また、プライベートの記録もパソコンやインターネット上で行っている場合が多いことでしょう。



      そういったデータはかさばることがなく、扱いやすいために良く利用されるようになってきているのですが、場合によってはクリック一つで、あるいはパソコンの調子が悪くなったら消えてしまう可能性があるという事を認識しておかなくてはなりません。
      今は何の心配もないと思っていても、急にデータが消えてしまったら焦ってしまいます。定期的にバックアップを取っておくという事を意識しておくとよいでしょう。



      特に仕事などで重要なデータを扱う人は、こまめにバックアップをしておくことでデータの破損に備えることができます。



      それにより損害を事前に防ぐことができるのです。


      できればデータを入れる、書きかえるごとにバックアップを取るのが良いですが、それが難しいようなら期間を決めて行うようにするとよいでしょう。プライベートであれば週に一度、月に一度といった形でスケジュールに組み込んでおくとよいです。



      仕事で行うならばできれば毎日しておくとよいでしょう。



      専用のメモリやハードディスクなどを用意するほか、最近ではクラウドサービスなどを利用する方も増えているようです。



      これなら手軽ですし外出先などからもデータにアクセスしやすいという利点が生まれます。
      それぞれの方法を検討し、より良いバックアップ法を取っていくようにしたいものです。


  • 関連リンク