バックアップのの方法について

  • バックアップのための温度や湿度管理

    • 重要な情報を管理するには、バックアップの重要性について再認識することが大切です。



      オリジナルのデータが一つだけでは、そのデータが失われたならば、もはや取り戻す手段はありません。



      デジタルデータは、元のデータを完全にコピーする事ができるという点にメリットがあります。



      そのメリットを活かして、大切なデータのバックアップを積極的に行う必要があります。
      データの複製の手段としては、ハードディスクやメモリーカード、さらにCDやDVDといったディスクメディアを利用する事ができます。



      ただし、それらの記録メディアにデータを複製したからといって、油断は避ける必要があります。


      バックアップ先のメディアの保管状態によっては、記録しておいたデータが破損してしまうといったこともあるため、管理の方法に配慮が求められます。


      高温で多湿な場所は、こうした情報関連のメディアを管理するには適していません。金属や樹脂を劣化させ、記録されているデータに影響が出ます。

      そこで、バックアップにふさわしい温度や湿度が管理できる場所を保管場所として選ぶと、記録メディアの劣化を抑えて確実な管理ができます。



      特に重要な情報を記録している場合には、管理にふさわしい専用の場所を設けて、そこでの厳密なデータメディアの管理が有意義です。



      またさらに、定期的に保管中の記録メディアをチェックし、破損や劣化の兆候がないかどうかについて確認するスケジュールを実行すると、確実な保管が果たせます。

  • 関連リンク